2015年5月12日火曜日

国語学系雑誌 最新号  Japán nyelvvel / irodalommal foglalkozó folyóiratok új számai

『日本語学』 通巻439号 (第34巻6号) 2015年5月号 


◆特集 経済とことば

※ 経済言語学の考え方 井上史雄

※ 地方経済と方言 中井精一
――北陸新幹線開業による言語変化の可能性

※ 目に見えることばと経済 ペート・バックハウス
――言語景観からの観察――

※ マーケティングと広告表現 辻大介

※ 経済用語をわかりやすく伝えるために  池永尚嗣

※ 「就職運動」から「就職活動」へ 橋本行洋
――そして「就活」へ――

【連載】

◇ ことばの散歩道 井上史雄

◇ ことばのことばかり はんざわかんいち

◇ 漢字を追いかける 笹原宏之

◇ 対照研究で読み解く日本語の世界 大野仁美

◇ コーパス活用の勘所 丸山岳彦

◇ 列島縦断!日本全国イチオシ方言 安達太郎・高山善行




『國語國文』 84巻4号(通巻968号) 

木田章義教授退職記念特輯 第1


○木田教授を送る (大谷雅夫)

○木田章義教授略歴

○木田章義教授著作目録抄

○さまざまな遺言 (木田章義)

○『古事記』の成書過程と『帝王世紀』 (王小林)

○古辞書を使うということ(大槻信)

○上代における接尾辞ムとブをめぐって
――形容詞語幹に接して動詞を派生する場合―― (大秦一浩)


○『松浦宮物語』と『萬葉集』巻五 (奥村和美)

○キリシタン手稿類のヅ表記とその周辺 (川口敦子)

○『名語記』と『色葉字類抄』続考 (小林雄一)

○上杉定勝自筆『節用集写』について (佐々木紀一)

○萬葉集における表記体と用字法について (佐野宏)

○春庭は「あゆひ抄」を書写したのか
――「てにをは扣」・「語法手扣」再考―― (竹田純太郎)


○連体形結びの役割――カとコソの場合―― (蔦清行)

○寛永十五年刊『真草二行節用集』の辞書編纂法
――『二体節用集』と寿閑本『節用集』の接触―― (土居文人)


○存在文の分類をめぐって (丹羽哲也)

○富士谷成章の六運説と御杖 (野口隆)



 『國語國文』  84巻5号(通巻969号)

木田章義教授退職記念特輯 第2


○内閣文庫本古今和歌集注の伝本・奥書・成立 (舟見一哉)

○『源氏物語』における「がまし」形容詞の発展 (本廣陽子)

○京都大学文学研究科蔵『無名字書』解題 (森下真衣)

○非漢字圏の言語であるモンゴル語の近代語彙受容
――その学術的位置づけと研究の現状について―― (フフバートル ᠬᠦᠬᠡᠪᠠᠭᠠᠲᠤᠷ


○叙想的テンスの出現条件 (福田嘉一郎)

○苗代川本『対談秘密手鑑』の研究
――薩摩藩朝鮮通事の言語学習をめぐって―― (朴真完)


○通時態から共時態へ――その2―― (野村剛史)

○マンジュ語地図とシベリア古地図との出会い (承志)

○日葡辞書の優劣注記を通して見た羅葡日辞書の日本語訳 (岸本恵実)

○ロドリゲス『日本小文典』のフランス語訳(1825)について (小鹿原敏夫)

○『日韓通話』と明治期韓国語学習書 (李康民)

○『日葡辞書』の四字熟語に関する一考察 (李安九)

○明治期演説速記の成立過程
――速記字原稿を中心に―― (Albeker András Zsigmond)


○ウイグル文字で音写された漢語文献「寅朝清淨偈」の一断片について
(アブドリシット・ヤコブ)


○安蔵・ウイグル語訳『華厳経』の翻訳法について (阿依達爾・米爾卡馬力)

○木田先生のこと ――あとがきにかえて―― (大槻信)

2015年4月30日木曜日

A Japánba frissen érkezetteknek...



Néhány jótanács azoknak, akik csak nemrég óta vannak Japánban.  Bár itt sokkal jobb a közbiztonság, nem árt résen lenni...

1.  A postáson, csomagküldöncön és egyéb előre lefixált időpontban érkező egyéneken – pl gázművek, internetszolgáltató stb- kívűl nem szabad ajtót nyitni senkinek.

2. Telefon dettó:  ismeretlen számot nem veszünk fel.  Ha fontos az ügy, úgyis hagynak üzenetet. 

3. Biciklivásárlás esetén mindenképp el kell végezni a bicikli regisztrálását (防犯登録).  Abban az esetben is, ha a bringát a havertől örököljük.  Sok kellemetlenségtől (rendőrség) kímélheti meg magát az ember.

4. Biciklit csak a kijelölt helyen érdemes parkíroztatni(駐輪場), mert egyébként megvan az esélye, hogy elszállítják.  Japán nyelvtanár koromban  – azaz tavaly – volt az, hogy egy mongol srác az állomás előtt hagyta a munkahelyi biciklijét, amit természetesen elszállítottak, mire a tanítás véget ért. Szerencsére aztán sikerült elvergődni valahogy a telephelyre, ahol 5 ezer jen ellenében visszakaphatta azt.  A házunk előtt álló gazdátlan biciklit szintén érdemes békén hagyni, mert ellenkező esetben lopással is vádolhatnak. Szintén tavalyi sztori, hogy egy vietnámi gyerek a lakása előtt árválkodó, kulcstalan biciklivel szándékozott bevásárolni. Mondanom sem kell, hogy a rendőrségen kötött ki.

5.  A „gyere beszélgessünk Jézusról / olvassuk a Bibliát /  mit szólnál egy kis szútraolvasáshoz?  / Ismered Dr XY csodálatos agytréningjét?  / van egy új termékünk, ami mindenre jó..”  és egyéb hasonló invitálásokat érdemes elereszteni a fülünk mellett..無視.

6.  Mindig legyen nálunk a regisztációs kártya (在留カード), mert enélkül komoly büntetésre lehet számítani.

7. Aki nem tanulni, hanem dolgozni van itt, és úgy találja, hogy a túlórák után nem kap pénzt, érdemes  bizonyítékokat gyűjteni: pl  az időkártya (タイムカード) lefénymásolása / lefotózása. 

8. Baj esetén  a  nemzetközi kapcsolatokkal foglalkozó szervezetekhez  érdemes segítségért, tanácsért fordulni. Pl Kiotóban ilyen a  Kyoto City international Foundation /  京都市国際交流協会.

2015年4月25日土曜日

国語学系雑誌 最新号  Japán nyelvvel / irodalommal foglalkozó folyóiratok új számai



 『日本語学』通巻437号 (第344号) 


◆特集 ジェネリック・スキルとしての国語の学力


※ 国語科におけるジェネリック・スキルと「汎用性のある技能」(髙木展郎)

※ 国語科におけるジェネリック・スキルとは(西辻正副)
――論理的に思考することを中心に――

※ 中学校で身につけさせたいジェネリック・スキル(山内裕介)
――「話すこと・聞くこと」の実践に基づいて ――

※ 高校生に身につけさせたい学力
――高等学校国語科のジェネリック・スキル――(佐藤和彦)

※ 教育課程におけるジェネリック・スキル(石塚等)


【連載】
※ ことばの散歩道(井上史雄)
※ ことばのことばかり(はんざわかんいち)
※ 漢字を追いかける(笹原宏之)
※ コーパス活用の勘所(近藤明日子)
※ 列島縦断!日本全国イチオシ方言(白岩広行・篠崎晃一)




『日本語学』 通巻436号 (第343号) 

◆特集 英語から見た日本語

※ 英語から見た日本語の音声(斎藤弘子)
――音節構造、アクセント、リズム――

※ 英語から見た日本語の統語構造(谷口一美)
――「出来事」の捉え方と文法――

※ 英語から見た日本語の発話行為(清水崇文)   
――謝罪・感謝の基底にある「負い目」「いけないという気持ち」志向――

※ 英語から見た日本語のビジネス・コミュニケーション(藤尾美佐)

※ 英語から見た日本語のバリエーション(松田謙次郎)
――変異理論を中心に――


【連載】
※ ことばの散歩道(井上史雄)
※ ことばのことばかり(はんざわかんいち)
※ 漢字を追いかける(笹原宏之)
※ 対照研究で読み解く日本語の世界(早稲田みか)
※ コーパス活用の勘所(田中牧郎)
※ 列島縦断!日本全国イチオシ方言(新田哲夫・福田倫子)





『日本語学』通巻435号 (第342号) 

◆特集 ことばを略す、文字を略す

※ インターネット上に観察される略語(岡田祥平)

――ツイッターと「質問サイト」を対象とした研究の可能性――

※ 現代の新聞における略語の使用と定着(クドヤーロワ・タチアーナ)
――『朝日新聞』二三年分の記事を資料に――

 漢語・外来語の略語(中川秀太)

※ コンピュータ時代の略字事情(長村玄)
――「正しい文字」とフォントデザイン――

※ 筆写における省略について(財前謙)

【連載】

※ ことばの散歩道(井上史雄)
※ ことばのことばかり(はんざわかんいち)
※ 漢字を追いかける(笹原宏之)

※ 対照研究で読み解く日本語の世界(大角翠)
※ コーパス活用の勘所(前川喜久雄)
※ 列島縦断!日本全国イチオシ方言(三井正孝・坂井美日)
    



『文学』 隔月刊 16巻・第2             20153,4月号

《特集》「いくさ」と文学 

《対談》 「いくさ」と文学
佐伯真一・井上泰至
『平家物語』は「軍記」か             佐伯真一
「いくさ」の時代のイメージ形成   井上泰至
  ――源氏将軍史観と源氏神話――
軍記と暴力          大津雄一
軍記物語の表現史を構想するために             佐倉由泰
  ――真名表記テキストに着目して――
『扶桑略記』陽成天皇紀の方法      大橋直義
  ――〈不戦の軍記〉と漢文伝記と――
空想と風刺のいくさ物語   沢井耐三
  ――室町物語『鴉鷺合戦物語』の世界――
〈薩琉軍記〉の歴史叙述   目黒将史
  ――異国言説の学問的伝承――
文芸としての「覚書」      鈴木 彰
  ――合戦の体験とその物語化――
再発見された『新刊東国通鑑』の板木から近世軍記を考える   金時徳
近世地誌にみる〈いくさ〉の記憶   志立正知
〈檀風〉「孝養」の習事     山中玲子
  ――死者を悼む演技をめぐって――
中国の「いくさ」の文学   井波律子
中国のいくさの詩             川合康三
  ――杜甫の早期の詩を中心に――
アルカイック期のギリシア詩人のいくさ歌   西村賀子
《座談会》 「聖なることば」が結ぶ世界
ジャン=ノエル・ロベール,ハルオ・シラネ,小峯和明
銀座文芸の百年(一)      ロバート キャンベル
ゾラ『制作』の射程          小倉孝誠
小説家小林一三の位置      柏木隆雄
  ――荷風『新橋夜話』から『腕くらべ』を結ぶもの――




『文学・語学』211号  平成262014)年12


論文      『源氏物語』における夕霧の成人儀礼
―籠りの時空としての二条東院―   趙暁燕
〈研究ノート〉平塚市隆盛寺蔵 野々口立圃作 ゆふだすき   高梨素子
宮内庁書陵部所蔵『禁裏御会始和歌懐紙』の周辺      辻英子
雑誌『モダン日本』が構築した「モダン」
―雑誌のブランド化と読者戦略―   張ユリ
特集追加             平成242012)年度国語国文学界の動向 近代散文
特集      平成26年度全国大学国語国文学会夏季大会シンポジウム
テーマ「太宰治―作品の舞台と風土―」
太宰治―明るい方へ―      太田治子
太宰治「津軽通信」論―〈巫女(かんなぎ)〉の倫理について―              岡村知子
ツーリズムのなかの「富嶽百景」―太宰治と山梨―   滝口明祥
太宰治の「東京」の使い方
―織田作之助の「大阪」を補助線に―          斎藤理生
太宰治と鎌倉
―パネル「作品の舞台と風土」をコーディネートした立場から―          島村輝
国語学小特集      総体としての語彙
論文      語彙研究の総体とその外延             島田泰子