2009年3月1日日曜日

A kémiai elemek kandzsival 元素記号の漢字

Zárójelben a japántól eltérő kínai írásmód van.

H   水素 すいそ     (氫)

He  ヘリウム       (氦)

Li  リチウム             (鋰)

Be  ベリリウム      (鈹)

B   硼素 ほうそ     (硼)

C   炭素 たんそ     (碳)
 
N   窒素 ちっそ     (氮)

O   酸素 さんそ     (氧)

F   弗素 ふっそ     (氟)

Ne  ネオン        (氖) 

Na  ナトリウム      (鈉)

Mg  マグネシウム       (鎂)

Al  アルミニウム     (鋁)

Si  珪素 けいそ     (矽・硅)

P   磷 りん   

S   硫黄 いおう    (硫)  
 
Cl  塩素 えんそ    (氯) 
 
Ar  アルゴン      (氬)

K   カリウム   (鉀)

Ca カルシウム      (鈣)

Sc スカンジウム     (鈧)

Ti チタン        (鈦)

V  バナジウム      (釩) 

Cr クロム        (鉻) 

Mn マンガン      (錳) 

Fe 鉄  てつ  

Co コバルト      (鈷)
 
Ni ニッケル      (鎳)

Cu 銅 どう 

Zn 亜鉛 あえん   (鋅)

Ga ガリウム     (鎵)

Ge ゲルマニウム   (鍺) 

As 砒素 ひそ    (砷)

Se  セレン     (硒)

Br 臭素 しゅうそ  (溴)

Kr クリプトン    (氪)

Rb ルビジウム    (銣)

Sr ストロンチウム  (鍶) 

Y  イットリウム   (釔) 

Zr ジルコニウム (鋯)

Nb ニオブ    (鈮)

Mo モリブデン  (鉬)

Tc テクネチウム (鍀)

Ru ルテニウム  (釕)

Rh  ロジウム  (銠)

Pd  パラジウム (鈀)

Ag  銀 ぎん 

Cd  カドミウム (鎘)

In  インジウム (銦)

Sn  錫 すず

Sb  アンチモニ―  (銻)

Te  テルル     (碲)

I  沃素 ようそ   (碘)

Xe キセノン     (氙)

Cs セシウム     (銫)

Ba バリウム     (鋇)

Hf ハフニウム    (鉿)

Ta タンタル     (鉭・鐽)

W  タングステン   (鎢)

Re レニウム   (錸)

Os オスミウム  (鋨・銤)

Ir イリジウム  (銥)

Pt 白金 ハッキン・プラチナ    (鉑) 

Au 金 きん

Hg 水銀 すいぎん   (汞)

Tl タリウム   (鉈)

Pb 鉛 なまり

Bi ビスムス   (鉍)

Po ポロニウム  (釙)

At アスタチン  (砹)

Rn ラドン    (氡)

Fr フランシウム (鈁)

Ra ラジウム   (鈤・銧・鐳)


Ce セリウム   (鈰)

Pr プロセオジウム(鐠)

Nd ネオジウム  (釹)

Pm プロメチウム (鉕)

Sm サマリウム ( 釤)

Eu ユーロピウム (銪)

Gd ガドリニウム (釓)

Tb テルビウム  (鋱) 

Dy ジスプロシウム(鏑)

Ho ホルミウム  (鈥)

Er エルビウム  (鉺)

Tm ツリウム   (銩)

Yb イッテルビウム(鐿)

Lu ルテチウム  (鑥・鎦)

Ac アクチニウム (錒)

Th トリウム   (釷)

Pa プロトアクチニウム(鏷)

U  ウラン    (鈾)

Np ネプシニウム (鎿) 

Pu プルトニウム (鈈) 

Am アメリシウム (鎇・鏋・銤)

Cm キュリウム  (鋦)

Bk バークリウム (錇)

Cf カリホルニウム (鐦)

Es アインスタイニウム(鎄・鍰)

Fm フェルミウム (鐨)

Md メンデレビウム(鍆)

No ノーベリウム (鍩)

Lr ローレンシウム(鐒)



Régebbi elnevezések:


安律密紐母 アルミニウム: alumínium

格魯謨 クローム: króm

満俺 マンガン:  mangán

麻倔涅叟母 マグネシウム:  magnézium

汞 みずがね :   higany

利知烏母 リチウム:  lítium

 stb

参考文献

『漢字源』 学研
『新華字典』1971年
『現代新国語辞典』 学研
『日本国語大辞典』

5 件のコメント:

  1. A kurogane és az akagane az régies, a kémiában egyszerűen a tecut és a dót használják.

    Komaváry
    zipangu.freeblog.hu

    返信削除
  2. コメントおおきに!

    sajnos a szotaram nem tert ki erre, siman csak あかがねt es くろがねt irt.

    返信削除
  3. nekünk is a szövegekben tetsu és dou volt mindenhol

    返信削除
  4. Most olvastam, hogy Simizu Uszaburó (清水卯三郎) 『ものわりのはしご』c. könyvében egész sajátos szavakat alkotott:

    oxigén: すいね
    hidrogén: みづね
    nitrogén:  むせびね
    stb

    『ものわりのはしご』, 2. kötet ,二ノ十四
    http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/ni04/ni04_03271/

    返信削除