2016年2月1日月曜日

国語学系雑誌 最新号  Japán nyelvvel / irodalommal foglalkozó folyóiratok új számai



『國語國文』 2016年1月29日 851号(通巻977号)


○『伊勢物語』四十四段段末本文考 (松本裕喜)

○古文辞派の詩の注釈的研究――富士説話を中心に――(胡正怡)

○桃源瑞仙『百衲襖』の世界 (山中延之)




『國語と國文學』 20162月号  通巻1107号(第93巻第2号)


○『栄花物語』続編の歴史叙述(福長進)

○枕詞と万葉歌の展開(吉田幹生)

○堀田善衞の戦中文学論 ――「ラムボオに就いて」と「西行」をめぐって――(陳童君)

○<ちょっとした型>連体修飾表現の成立と定着(深津周太)

◇書評・和田琢磨著『『太平記』生成と表現世界』(北村昌幸)

◇紹介・奥田勲・平野多恵・前川健一編『明恵上人夢記訳注』(末木文美士)

◇新刊書情報

◇国語と国文学 総目次



『日本語学』 2016210日  通巻450号 (第352号) 


◆ことばの意識を育てる
 
〇ことばについて知ることの大切さ (大津由紀雄)

〇音声の意識と法則化 (田中真一)

〇文法と論理の意識を育てる ――累加の接続詞「そして」「また」を中心に――(森山卓郎)
 
〇身近なやりとりからことばを見つめ直す (三宅和子)

〇主体的表現者であるための地域方言・社会方言の学習 (小西いずみ)

〇現代語との対照を通して古典語を意識する (高山善行)



【連載】

[ことばの散歩道] 井上史雄

[ことばのことばかり] はんざわかんいち

[新連載:当用漢字表の誕生] 福田亮

[列島縦断!日本全国イチオシ方言] 森勇太/坂口至

0 件のコメント:

コメントを投稿