2017年3月2日木曜日

国語学系雑誌 最新号  Japán nyelvvel / irodalommal foglalkozó folyóiratok új számai

『國語國文』 862号(通巻990号)

○科学と哲学のあいだ――森鷗外における心理学受容―― (新井正人)

○物語草子における形式の問題 ――『横座房物語』の場合―― (鈴木元)

○『徒然草』第八十六段の「ほうし」 ――惟継中納言の「いみじき秀句」―― (佐々木勇)



『國語と國文學』 20173月号 通巻1120号(第94巻第3号)

○<全該当>を表す語の主観性――取りたて助詞「ばかり」を中心に――(佐藤琢三)

○『朝野群載』所収「御剣銘」考(岩田芳子)

○泉鏡花「南地心中」と「鳥笛」「公孫樹下」の人物描写――お珊への眼差し――(鈴木彩)

【三角洋一先生追悼】

○追憶~駆け抜けた沃野──三角洋一追悼文(三角美冬)/三角さんのこと(神野志隆光)/ 三角洋一君を偲ぶ(小島孝之)/三角洋一氏の国文学者としての真骨頂(三村晃功)/ 三角先生の深淵(永井和子)/駒場の三角さん(松岡心平)/三角洋一先生とはがき(大場朗)/ 優しい厳しさ――金曜日の三角洋一先生(永井久美子)/ 教育と学問に鞠躬尽瘁――三角洋一先生を偲ぶ――(雋雪艶)

○三角洋一先生略年譜・業績目録(東京大学国文学研究室編)



『日本語学』 20173月号 通巻464号 (第363号) 

◆演劇を学校教育に取り入れる

○演劇は「学校」の枠組みに組み込めるか(中島裕昭)

○演劇を教育に取り入れることの意味(井上優)
 ――明治大学シェイクスピアプロジェクトの場合――

○演劇教育とは何か(正嘉昭) ――生きた表現とことばの学びの地平――

○想像力を育む劇化の試み(栗原淳子)――中学校国語科の授業実践――

○高校演劇と青森中央高校演劇部について(畑澤聖悟)

○ドラマ教育の可能性(渡部淳)

  
【連載】

[ことばの散歩道] 井上史雄
[ことばのことばかり] はんざわかんいち
[ことば屋繁盛記]大熊智子
[日本語教師がみる世界の日本語リアルレポート]大田美紀 

[百人一首を味わう]清水婦久子・柳澤浩哉

0 件のコメント:

コメントを投稿