2015年6月29日月曜日

洪韓交流史 覚書① 홍한교류사


訪韓した洪牙利人達

1890年 Zrínyi 快走艦が濟物浦(제물포)に入港する。艦長・高級船員の一部がソウル(서울)を訪問。 艦医 Dr. Gáspár Ferenc の著書:
 Negyvenezer mérföld vitorlával és gőzzel. Singer és Wolfner. Budapest, 1892.

 Vitorlával Ázsia körül. Singer és Wolfner. Budapest, 1907.


1892年 韓墺洪修好通商航海条約を締結。


1902年  Vay Péter伯爵  が訪韓し、高宗(고종)皇帝・純宗(순종)皇太子に謁見。
    著書: Kelet császárai és császárságai. Franklin-Társulat. Budapest, 1906. 


1907年 Barátosi Balogh Benedek 民俗学者が初めて訪韓する。
    著書: Korea, a hajnalpír oszága. Budapest, 1929. 韓訳:
 버라토시 벌로그 베네데크 지음 ; 초머 모세 역저: 코리아, 조용한 아침어 나라.서울 : 집문당, 2005.8


1908年 フランツ・ヨーゼフ戦艦の艦医としてDr. Bozóky Dezső が訪韓する。
      著書: Két év Keletázsiában. China és Korea. Nagyvárad, 1911.


1933年 Kovrig János 新聞記者が香港広東上海北京満州国(溥儀に謁見)経由で訪韓。


1934年 Geszty Júlia 新聞記者がインドビルマタイカンボジアジャワフィリッピン中国日本を経て、訪韓。尹致昊 (윤치호) と会う。
著書: Rejtelmes Kelet.  Singer és Wolfner. Budapest, 1937.


1935年 Babos Sándor、満洲国で活動していた宣教師が休養のため金剛山(금강산)を訪れる。



韓国語学習・研究の先駆者達

1877年 Podhorszky Lajos Etymologisches wörterbuch der magyarischen sprache genetisch aus chinesischen wurzeln und stämmenという著書で少数でありながら、害 hăr、絲 等の様に朝鮮字音語も扱っている。


1898年 Bálint Gábor 著の Tamulische (Dravidische) Studienに韓国語の接尾辞の一覧が見えるほか、ハンガリー語・タミル語の対応語一覧表にも韓国語が散見できる。

 
Sövény Aladár  ブダペストで北韓の戦争孤児にハンガリー語を教える。生徒たちの協力を得、洪韓辞典編纂を開始。 Magyar-koreai szótár (웽조사전) を1957年に出版。1000部。


Fendler Károly ソ連で韓国語を専攻。


Mártonfi Ferenc ELTE大学で中国語を専攻、19681970年迄金日成大学に留学。韓国語、ハングルに関する論文を執筆。


Osváth Gábor 1970年、北韓留学。1991年、ブダペストの貿易短大で韓国語講座を設立。韓国語教材編纂、文学作品の洪訳。



ブダペスト、ELTE大学: 1999年に中央アジア学科で韓国語・韓国文化コース設立
             2008年に韓国語学部設立




出典:

Bálint Gábor: Tamulische (Dravidische) Studien in Zwei Teilen. Separatabdruck aus dem II. Band des Werkes: Wissenschaftliche Ergebnisse der Reise des Grafen B. Széchenyi in Ostasien 1877-1880.  1898

Csoma Mózes: Magyarok Koreában. ELTE Eötvös Kiadó 2009.





0 件のコメント:

コメントを投稿